お客様各位

お問い合わせやWEBでよく閲覧されている解析事例を定期的に紹介しています。

アキシャルギャップ型モータの主な損失は、コア、磁石、およびコイルで発生します。
本日は、この中のコイル損失に着目した事例をご紹介します。


271 – アキシャルギャップ型モータの交流銅損解析

コイルの損失は、直流銅損および交流銅損によって定義することができます。直流銅損は、コイルの形状と電気抵抗率、電流より、容易に手計算が可能です。

一方で交流銅損は、互いに近接した導体によって生成される磁場などの影響を受けます。コイルの占積率を高めるために角線を用いることがありますが、この場合はコイル素線の断面積が大きいため電流が分布しやすく、手計算による推定は困難です。
JMAGを用いることにより、コイルの損失を可視化し、実機を試作することなく分析することができます。ここでは、角線を用いたアキシャルギャップ型モータの交流銅損を評価しています。

交流銅損

コイルの交流銅損を表1、コイル断面の損失密度分布と磁束密度分布を図1に示します。
図1より、エアギャップ付近で損失が大きくなっていることがわかります。エアギャップ付近の漏れ磁束がコイルに鎖交することによって損失の分布が発生していると考えられます。

JMAGご契約ユーザーは、以下よりサンプルデータをご利用いただけます。
ライセンスIDをご用意の上、アクセスください。
※まだJMAGユーザーではない方で、上記に興味のある方はお問い合わせフォームよりお知らせください。
 担当よりご連絡申し上げます。お問い合わせはこちらから

【追加更新】ミラー先生のモータ設計学び直しWEBセミナー

モータ設計の権威であるミラー先生による「モータ設計学び直しWEBセミナー」を公開しています。
モータ設計初心者から、設計・解析熟練者まで、皆様にご覧いただける内容です。

毎月1回更新をしており、新たに [Vol.009] を公開しました。
もちろん、過去に開催したセミナーもご覧いただけます。
是非ご覧ください!

・[Vol.009] Preliminary Design of a 3-phase Induction Motor (Part 2:Stator winding design)
 9回目となる今回の講義は、誘導電動機の設計の第2回目です。
 前回は固定子の外形設計までを行いましたので、今回は固定子巻線を設計しています。
 短節巻を選択し、短節巻の選択理由や分布係数についても解説しています。

コラムもぜひご覧ください!