お客様各位

お問い合わせやWEBでよく閲覧されている解析事例を定期的に紹介しています。


244 – センサ位置における磁界強度解析

センサ位置に生じる磁束密度によってセンサに生じる信号を予測し、可動部の変位や速度制御に応用するためには、検出対象から生じる磁束密度や磁界分布を精度よく算出可能なJMAGが有用です。

本日は、検出対象をモータ、検出素子をTMRセンサとして、電磁界解析によって算出された磁界をもとに検出信号の波形を求めた事例を紹介します。

センサ位置での磁界径方向成分と各センサの抵抗変化率

図1にセンサ位置での磁界強度の径方向成分を示します。モータの電流値を増加させると値が増加するとともに、最大値を取るロータ位置が低角度側にずれることが確認できます。

図2にはセンサのピン層を径方向に固定し、外部磁界にフリー層の磁化が完全に追従しているとしたときの抵抗変化率を示します。尚、TMR比の最大値は100(%)とし、抵抗変化率は、ピン層とフリー層の相対角度が90(deg)をなす時を基準としています。
電流値が変化すると、抵抗変化率が低回転側にシフトすることが確認でき、信号強度とモータの位置の関係が電流振幅によって変化することが分かります。ロータ位置を正確に検出するためには、電流値が変化したときの出力とロータ位置の関係の把握が必要であることが分かります。

JMAGご契約ユーザーは、以下よりサンプルデータをご利用いただけます。
ライセンスIDをご用意の上、アクセスください。

※まだJMAGユーザーではない方で、上記に興味のある方はお問い合わせフォームよりお知らせください。
 担当よりご連絡申し上げます。お問い合わせはこちらから

【3/12開催】JMAGユーザー会2020 ダイジェスト 海外講演の振り返り

2020/11/24-12/11に開催した「JMAGユーザー会2020オンライン」の海外ユーザー事例発表について、言葉の問題もあり、もう一度聴きたい、補足してほしい、といったお声を多く頂戴しております。

そこで、この度JSOLが講演資料を用いて補足説明をするセミナーをご用意しました。

ユーザー会に参加できなかった方もご参加いただけます。
皆さまのお申し込みをお待ちしております。

※申し込み締め切りも迫っていますので、是非お早めにお申し込みください。


JMAG-RT モデルライブラリを更新しました

MATLABのバージョンR2019a以降でご利用いただけます。
駆動用モータの速度制御のサンプルも追加しました。(RTML-047)