お客様各位

お問い合わせやWEBでよく閲覧されている解析事例を定期的に紹介しています。


151 – 電力用変圧器の絶縁評価解析

電力用変圧器では、巻線に非常に高い電界が加わるため、巻線構造、絶縁材、絶縁構造などの絶縁技術が小型化・大容量化を達成する上で重要です。変圧器の絶縁耐力は絶縁材に加わる電界強度に依存するため、JMAGの電界解析で電界強度調べ、絶縁破壊に対する安全率を見積もります。
本日は、落雷や短絡時を想定し、巻線間に想定される最大電圧をかけた際の電界強度分布を求めた事例をご紹介します。

電界分布

1次コイルの絶縁材と2次コイルの絶縁材の間に電位差を与えたときの電界強度分布を図1に示します。
図より、高い電界が発生していることがわかります。なお、正確に絶縁耐性を評価するためには、電気力線に沿って電界強度を評価する必要があります。

電気力線と絶縁耐性の評価

1次コイルの絶縁材と2次コイルの絶縁材の間に電位差を与えたときの電気力線を図2に示します。
1次コイルの絶縁体と2次コイルの絶縁体の間に多くの電気力線が発生しています。

電気力線に沿って電界の線積分値求め、電気力線の長さで割った値を評価します。
図2に示された電気力線のうち、最も電界強度が高かった電気力線を図3に示します。電界強度は4.85(kV/mm)であり、仕様の絶縁耐力である10(kV/mm)を下回っていることから、絶縁耐力を超えないことが確認できます。

JMAGご契約ユーザーは、以下よりサンプルデータをご利用いただけます。
ライセンスIDをご用意の上、アクセスください。

※まだJMAGユーザーではない方で、上記に興味のある方はお問い合わせフォームよりお知らせください。
 担当よりご連絡申し上げます。お問い合わせはこちらから

コラム:An engineer’s diary

JMAGのWEBサイトでは、モータ設計の権威であるミラー先生による「モータ設計学び直しWEBセミナー」と「コラム:An engineer’s diary」を公開しています。

「コラム:An engineer’s diary」
ミラー先生に一流のエンジニアの目をとおして見える世界を雑日記風に紹介してほしいとお願いし、毎月コラムを届けてもらっています。
2018年に掲載を開始し、間もなく3年目を迎えます。

栄えある最初の読者として、Google翻訳にお世話になりながら、毎月楽しみにしています。
テーマは絞らず、エンジニアとしての姿勢から、理論、設計テクニック話題は豊富です。

このコラムはサインイン不要でアクセスいただけます。
セミナーとあわせて、コラムもぜひご覧ください。

毎月更新中のセミナーはこちらからどうぞ。
字幕付きの動画も追加中です!