お客様各位

お問い合わせやWEBでよく閲覧されている解析事例を定期的に紹介しています。


118 – バスバーの熱解析

概要

バスバーの形状は複雑であるため、電流通電時にどの場所に電流が偏って流れ、発熱源として効くのかを事前に予測するのは難しいです。有限要素法による磁界解析であれば、電流分布の偏りやジュール損失を正確に求め、それらを熱源とした温度分布の予測を行うことができます。
本日は、電源周波数を変更した場合のバスバーなどの温度分布を紹介します。

電流密度分布/ジュール損失の周波数特性

各周波数における電流密度分布を図1、ジュール損失の周波数特性を図2に示します。図1より、ボンディングワイヤと銅薄板で電流密度が高くなっていることがわかります。図2に示すように、周波数の増加に伴いジュール損失が大きく増加しています。これは、表皮効果によって電流が流れる断面積が減少し、抵抗が大きくなったためです。

温度分布/平均温度の周波数特性

バスバーの温度分布を図3、平均温度の周波数特性を図4に示します。いずれの周波数においても、電流密度と同様にボンディングワイヤと銅薄板で温度が高くなっています。また、10(kHz)、100(kHz)に比べて1(MHz)時の温度が急激に高くなっています。温度上昇は焼損だけでなく、熱応力の増加による機器の破損の原因にもなるため、注意が必要となります。

JMAGご契約ユーザー様は、サンプルデータをご利用いただけます。
ライセンスIDをご用意の上、アクセスください。

※まだJMAGユーザーではない方で、上記に興味のある方はお問い合わせフォームよりお知らせください。
担当よりご連絡申し上げます。お問い合わせはこちらから

ミラー先生のモータ設計学び直しWEBセミナー

モータ設計の権威であるミラー先生による「モータ設計学び直しWEBセミナー」を公開しています。モータ設計初心者から、設計・解析熟練者まで、皆様にご覧いただける内容です。

「日本語字幕がほしい」というリクエストをうけて、字幕版も随時リリースしています!
ミラー先生より英語字幕原稿を頂戴し、多言語へ自動生成をしています。日本語のみならず、各国の言語でご確認いただけます。

Vol.12(日本語字幕付き)
Preliminary Design of a 3-phase Induction Motor (Part 5 : Equivalent circuit reactances — Magnetizing reactance)

誘導電動機の設計の第5回目です。
今回は誘導電動機の等価回路における励磁リアクタンスを計算してみます。励磁リアクタンスは、誘導電動機の理論において、最も重要な概念の一つです。
本セミナーでは、古典理論と有限要素法の両方を使用して、励磁リアクタンスを説明していきます。

是非ご覧ください。


間もなく締め切り!5月開催のトレーニングセミナー

5月に開催する各種JMAGセミナーをご案内します。
すべてWebexを使用したライブセミナーですので、マイクやQA機能を使って講師に直接質問いただけます!
申し込み締め切り間近のセミナーもございます。ぜひお早めにお申し込みください。

【開催日程】
 5/13 初級 誘導加熱編
 5/20 中級 メッシュモデリング編
 5/25 初級 モータの振動解析編

初級トレーニング WEBセミナーは、本解析対象をモデル化するために必要な基礎知識や操作方法に重点をおいた、これからJMAGをお使いになるお客様向けのセミナーです。
講師が操作をしている様子をご覧いただきながら、解析手順や操作方法、モデル化の考え方を学習いただきます。
事前に実習テキストもご案内いたします。

中級・機能別 WEBセミナーは、JMAGをご活用いただいている中級~熟練者の方に向けたセミナーです。
各機能の背景にある考え方を理解することで、よりよくJMAGを使いこなしていただけるようになります。