お客様各位

お問い合わせやWEBでよく閲覧されている解析事例を定期的に紹介しています。


220 – 冷却工程を含めた歯車の高周波焼入れ解析

概要

誘導加熱の解析で被加熱体の温度変化を精度よく求めるには、電磁誘導によってワークに生じた発熱を精度よく表現するだけでなく、発熱による温度変化や物性の変化を考慮して温度分布を求める必要があります。そのためには電磁界解析と熱解析による双方向連成解析が必須です。
ここでは、冷却工程までを含めた誘導加熱計算を扱います。冷却条件に応じて歯車の冷却速度に違いが生じる事例を紹介します。

歯車の温度分布と温度変化の時刻特性

加熱工程終了時の歯車の温度分布を図1、歯先の温度変化の時刻特性を図2に示します。温度分布から、渦電流によって歯先が発熱していることが確認できます。図2は、図1に示す歯幅中心(測定点)における温度変化です。空冷よりも水冷の方が温度の低下が速く、冷却効果が高いことが確認できます。

冷却工程での歯車の温度分布の変化

冷却工程の各時刻での温度分布を図3に示します。水冷によって温度上昇した歯先近傍を短時間で冷却できることが確認できます。
また、水冷時と空冷時の温度分布を比較すると、水冷では歯先の冷却が内部よりも進んでいるのが分かります。これは、歯車内部での熱伝導よりも冷却水と接している歯先の放熱が速く進むためと考えられます。

JMAGご契約ユーザー様は、サンプルデータをご利用いただけます。
ライセンスIDをご用意の上、アクセスください。

※まだJMAGユーザーではない方で、上記に興味のある方はお問い合わせフォームよりお知らせください。
担当よりご連絡申し上げます。お問い合わせはこちらから

6/3 解析基礎WEBセミナー 磁界解析&熱解析

6/3に「解析基礎WEBセミナー」の磁界解析基礎編と熱解析基礎編を開催します。

「解析基礎WEBセミナー」は、これから解析業務をはじめる方やJMAGをご利用されたことがない方を対象としたセミナーです。
シミュレーションをこれからはじめる方など、どなたでも参加いただけます。
Webexを使用したライブセミナーですので、セミナー中に講師に直接質問いただけます。

■ 磁界解析基礎編(13:00-15:00開催)
【学習項目】
 ・基礎方程式
 ・単位・用語
 ・磁化モデル、非線形
 ・渦電流、表皮効果
 ・変位電流
 ・インダクタンス、電磁力、損失
 ・弱形式
 ・離散化
 ・境界条件
 ・連立一次方程式
■ 熱解析基礎編(15:30-17:30開催)
【学習項目】
 ・Fourierの熱伝導則
 ・熱伝導方程式
 ・単位、用語
 ・定常解析、非定常解析
 ・等価回路法
 ・熱伝達
 ・連成解析 (一方向、双方向)

皆様のお申し込みをお待ちしております。