JMAG-Designer

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 株式会社アイシン

    株式会社アイシン:第1部(トップ対談)

    アイシングループは電動化対応として、2025年までに年間450万台もの電動ユニットを生産可能にする体制を築く。電動車の「電費10%向上」を目標に掲げ、その先のカーボンニュートラル社会の実現…

  2. 株式会社アイシン

    株式会社アイシン:第2部(ユーザー事例インタビュー)

    BEV(バッテリー式電動自動車)向け駆動システム「eAxle(イーアクスル)」の技術開発に関わる技術エキスパートの皆様にお話しを伺いました。部署の垣根を越えた交流で磨かれる互いの技術最初…

  3. [JFT114] スクリプトを使用した効率マップの補正

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先)を用いて、作成された効率マップの応答値をPythonスクリプトで補正する方法について学習します。

  4. [JFT058] JMAG-Designerを用いた効率マップの作成 (速度優先モード)

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先)を用いて、効率マップを作成する方法について学習します。

  5. [JAC269] 高調波を考慮した三相誘導電動機の効率マップ作成

    ここでは、PWMのキャリアやスロットによる高調波を考慮した三相誘導電動機の効率マップを作成し、高調波を考慮しない場合の効率マップと比較します。

  6. [JFT095] 結果ファイルからの分布量データの取得

    本資料では、APIを利用して結果ファイルから分量データを取得する手順について学習します。

    • [JFT047] JMAG-Designerで行う電流制御を考慮したモータの高調波損失計算

      本資料では、電流制御(PWM制御)されたモータの高調波損失を計算する方法を学習します。

    • [JFT045] CADデータ更新時の設定継承

      本資料では、最適化ツール利用時を想定してスクリプトを用いたCADファイル更新時の設定継承の方法を学習します。

    • [JFT134] 電流波形のスタディ間の継承

      ここでは、ポスト計算スクリプトを用いて2次元解析で得られた電流波形を自動的に3次元解析に設定する方法を学習します。

      • [JFT110] トポロジー最適化で生じた多数の空孔の影響評価

        本資料では、トポロジー最適化の結果として多数の空孔が生じた際に、空孔の応答値への影響の有無を効率よく分析する方法について学習します。

        • [JFT082] 多ケース計算時のコンター図を含むレポートの自動出力

          本資料では、多ケース計算中のレポートファイルの出力方法を学習します。

        • [JFT069] JMAG-DesignerとJMAG-RTで行う電流制御を考慮したモータの高調波損失計算

          本資料では、電流制御(PWM制御)されたPMモータの高調波損失をJMAG-RTモデルを用いることで高速に計算する方法を学習します。

        • [JFT053] 解析テンプレートを使用した磁石の磁化方向の継承

          本資料では、解析テンプレートを使用して磁石の磁化方向を継承させる方法を学習します。

          • [JFT042] 早期に定常状態の解を得る方法(時間周期補正)

            本資料では、時間周期補正機能を使用して定常状態を少ない時間ステップで得る方法を学習します。

            • [JFT052] 形状テンプレートを使用したモータ形状の作成

              本資料では、プリインストールされているステータとロータの形状を使用して、モータの形状を作成する方法を学習します。

              • [JFT049] FEMコイル条件のグループ化

                本資料では、FEMコイル条件をグループ化し、マクロ素子の波巻きとの関連付けを行う方法を学習します。

                絞込み検索

                • カテゴリー 一覧

                Remember me
                サインイン
                新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して