JMAG-Designer

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [L-OP-25] クラウド環境でのJMAGの活用

    CAEにおけるクラウドサービスの提供が進んでいます。必要なタイミングで十分な計算リソースを利用して解析業務を行うことができます。JMAGはいくつかのクラウドサービス上でお使いいただけます…

  2. [JFT067] 多目的ファイル出力ツールで出力した電磁力のプレビュー表示

    本資料は、多目的ファイル出力ツールを使用し、出力した電磁力分布をプレビューする方法を学習します。

  3. [JFT101] 他のスタディの応答値を利用した条件設定

    本資料では、他スタディの解析結果を参照し、引き続き計算する解析の入力値とする手順について学習します。

  4. [JAC262] Dy拡散磁石の不完全着磁を考慮したIPMモータの熱減磁解析

    ここでは、Dy拡散磁石を用いたモータにおいて、保磁力分布を持つDy拡散磁石の不完全着磁時の熱減磁耐性を解析します。

  5. [JFT026] 設定一覧を使用したケース追加の手順(パラメトリック解析)

    本資料では、設定一覧を使用した事前準備の手順について学習します。

  6. [JFT037] 分布量の差分の表示

    本資料では、結果差分計算機能を使用して分布量の差異のコンターを確認する方法を学習します。

    • [JFT017] 素線テンプレートを使用した形状作成

      本資料は、素線テンプレートを使用して、複数の素線を一括で作成する方法を学習します。

      • [JFT025] 時刻歴の物理量同士の相関を示すグラフの作成

        本資料では、2つの物理量の相関をグラフに表示させる方法について学習します。

        • [JFT013] ロフト機能を使用した四角錐台形の作成

          本資料は、[ロフト]機能を使用した3次元形状の作成法方法を学習します。

          • [JFT105] 3次元CADソフトウェアNXのCADリンク機能

            本資料では、NXのprtファイルをJMAG-Designerで開き、寸法を変更する方法を学習します。

          • [JFT114] スクリプトを使用した効率マップの補正

            本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先)を用いて、作成された効率マップの応答値をPythonスクリプトで補正する方法について学習します。

          • [JFT060] 実測したヒステリシスカーブの加工

            本資料では、ヒステリシスカーブ作成ツールを用いて、実測のヒステリシスカーブを加工する方法について学習します。

          • [JFT157] 多目的ファイル出力ツールによる複数ケースの物理量を一括ファイル出力する方法

            本資料は、多目的ファイル出力ツールを使用し、複数ケースの物理量を一括で出力する方法を学習します。

          • [JFT156] NGnetの重みを用いた形状作成

            本資料では、NGnetを用いたトポロジー最適化の実行後に、NGnetの重みから必要な形状だけを復元する方法について学習します。

          • [JFT162] JMAG-Designerを用いた誘導機の効率マップ作成(精度優先モード)

            本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先モード)から、効率マップスタディ(精度優先モード)を作成する方法について学習します。

          • [JFT158] 複数の回路換算設定

            本資料では、かご形誘導機モデルにおいて、複数の回路の換算を設定する方法を学習します。

            絞込み検索

            • カテゴリー 一覧

            Remember me
            サインイン
            新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して