JMAG-Designer

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 254 – 油入大型変圧器の振動解析

    ここでは、大型変圧器の電磁加振力による振動を評価した事例を紹介します。大型変圧器は油冷となるため、部品周囲の流体である油を弾性体として近似して扱うことが本事例の特徴です。なお、加…

  2. 20 – SPMモータの音圧解析

    ここでは、SPMモータを対象にステータコアに発生する電磁力を求め、モータの固有モードと連成させることにより音圧を評価する事例を示します。

  3. [JFT070] JMAG-Designerを用いたPMモータの効率マップ作成(精度優先モード)

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(精度優先)を用いて、効率マップを作成する方法について学習します。

  4. 64 – コアレスリニアモータの推力解析

    ここでは、コアレスリニアモータに3相交流を通電して駆動した場合の推力変動を求めています。

  5. 8 – アキシャルギャップ型モータの基本特性解析

    ここでは、JMAGの3次元磁界解析を用いてアキシャルギャップ型モータの負荷解析を行い、基本特性であるトルク-回転数特性及びトルク-電流特性を求めます。

  6. 7 – スピンドルモータの基本特性解析

    ここでは、スピンドルモータの基本特性である回転数-トルク特性、トルク-電流特性および磁束密度分布を求めます。

  7. [L-MU-91] JMAG/Romax Nexus連携によるEVドライブラインのNVH解析

    NVHはEV/HEVのドライブライン開発における最も重要な課題の一つです。ドライブラインのNVH解析で考慮すべきいくつかの点があります。ドライブラインのNVHを適切に評価するにはモータだけでなく…

  8. 18 – IPMモータの熱解析

    ここでは、モータ全体の損失分布を求めるために損失解析と温度分布を評価する熱解析モデルを作成し昇温過程を解析することで、モータの温度分布を評価します。

  9. 208 – 変形を考慮した高周波焼入れの解析 (Abaqus連携)

    ここでは、高温に達した際の変形量、および、加熱中の変形により加熱範囲がどのように変化しうるかをJMAGによる発熱量解析とAbaqusによる伝熱・変形解析の連携により評価します。

  10. [JFT078] 定常状態到達後に自動で解析を停止する方法

    本資料では、定常状態到達後に自動で解析を停止する方法を学習します。

  11. [JFT081] JMAG-Designerを用いた誘導機の効率マップ作成(速度優先モード)

    本資料では、JMAG-Designerの効率マップスタディ(速度優先モード)を用いて、誘導機の効率マップを作成する方法について学習します。

  12. [JFT074] 補正法とアダプティブメッシュによる高精度電磁力計算

    本資料では、コイルと磁石間にはたらく電磁力を精度よく計算する方法を学習します。

  13. [JFT079] 並進運動モデルへの拡張スライドの適用方法

    本資料では、並進運動モデルへの拡張スライドの適用方法を学習します。

  14. [JFT083] 多目的ファイル出力ツールのコマンドライン実行による自動化

    本資料は、多目的ファイル出力ツールを自動化する方法を学習します。

  15. [JFT068] 3相同期モータのdq軸電流指定

    本資料では、dq軸電流を指定してモータを駆動する方法について学習します。

  16. 246 – コイルと磁石間にはたらく電磁力の解析

    ここでは、コイルと磁石間にはたらく電磁力をアダプティブメッシュ機能を用いて求めます。

絞込み検索

  • カテゴリー一覧