JMAG-Designer

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [JFT106] ベクトルポテンシャル境界条件を使用した多段階解析

    本資料では、ベクトルポテンシャル境界条件を用いた多段階の解析を実行する方法を学習します。

  2. 262 – Dy拡散磁石の不完全着磁を考慮したIPMモータの熱減磁解析

    ここでは、Dy拡散磁石を用いたモータにおいて、保磁力分布を持つDy拡散磁石の不完全着磁時の熱減磁耐性を解析します。

  3. 223 – 高回転時の応力を考慮したIPMモータの多目的最適化

    ここでは、形状ごとに高トルクが得られる最適な電流位相を求め、その時のトルク特性(1,000(r/min))と高回転時(10,000(r/min))の遠心力による応力を目的関数とし、多目的遺伝的アルゴリズム…

  4. 258 – 磁気シールドの形状最適化

    ここでは、感度解析(密度法)を用いたトポロジー最適化を使って磁気シールドの形状を最適化した事例を紹介します。材料密度分布によるトポロジーの変化、磁気エネルギーの変化、最適ケースの…

  5. 263 – 磁石とロータコアの摩擦を考慮したIPMモータの応力解析

    ここでは、IPMモータの磁石とロータコアの接触状態がどのように応力分布に影響するかを評価するため、部品が剛体結合している場合と、摩擦を考慮して磁石が滑る場合のそれぞれのミーゼス応力を…

  6. 252 – 電磁弁の形状最適化

    ここでは、多目的最適化アルゴリズムを用いて電磁弁の形状を最適化した事例を紹介します。

  7. [W-SE-72] 時間周期補正法による定常解高速解法

    渦電流解析など時定数が大きい問題において、定常解を得るために多くの時刻ステップを必要とする。この対策として、時間周期有限要素法(TP-FEM法)が提案されている。

  8. 259 – 最大トルクが得られる電流位相の自動探索とトルク特性評価

    ここでは、3つのロータ形状それぞれに対してトルクが最大となる電流位相を探索します。得られた電流位相を用いてモータの平均トルクおよびトルクリップルを評価します。

  9. [W-MO-17] 四面体・五面体の混合メッシュを利用したオルタネータ解析

    本稿では計算時間を短縮するための効果的なメッシュを行うため、四面体・五面体の混合メッシュを取り上げ、これまでの四面体メッシュを用いて解析を実施した場合の計算時間と精度の比較、混合…

  10. 261 – 正弦波着磁を得るためのSPMモータ磁石の保磁力最適化

    ここでは、マグネットをブロックに分けてそれぞれの保磁力を定義します。最適化により誘起電圧波形が正弦波に近づくように各ブロックの保磁力を求めます。最適化で得られた保磁力分布とした時…

  11. トヨタの車両電動化への取り組みと電動車開発 ~電動車開発を支えるJMAGへの期待~

    トヨタ自動車株式会社 花田 秀人

  12. モデルベース開発(MBD)によるIPMモータ駆動システム開発事例 -JMAG-RTとHILSの活用-

    株式会社島津製作所 光岡 大輔

  13. 走行中ワイヤレス給電に対応したインホイールモータの開発

    東京大学 藤本 博志

  14. Comprehensive System to Component xEV Simulation Using Gamma Technologies and JMAG

    Joe Wimmer, Gamma Technologies, LLC

  15. モータ・ジェネレータ機能付ハブベアリング(eHUB)搭載車両の 燃費シミュレーションの取り組み

    NTN株式会社 川村 光生

  16. Agile Electrical Machine Development for Hybrid Electric Aircraft

    Zoltán Nádudvari, Rolls-Royce Electric Hungary Kft

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧